介護職の賃金アップに必要こととは?転職するべきか?

【介護士】給料・お金など

介護士は立派な職業ですが、残念ながら給料は高くありません。今回は、介護士の給料を上げるために必要なこと、給料を上げる方法、介護士の選択肢を探ることを具体的に見ていきます。

また、介護施設の多くが低賃金で知られていることから、賃金を上げるために転職することが正しいのかについても解説していきます。

給料を上げたい介護士の方、そんな方を応援している方、ぜひ始めてみてください。

介護福祉士という職業について紹介

介護士は、様々な場面で高齢者や障害者に安全かつ適切な介護を行う仕事です。

介護者は通常、心身の健康問題や病状、長期介護を必要とする人など、さまざまなタイプの人を介護します。

介護者は、状況に応じて24時間体制で介護を行うこともあり、薬の管理や基本的なヘルスケアサービスの提供を担当することもあります。

このように重要で厳しい仕事であるため、介護者の給与が低いのは当然のことです。

介護士の給料を上げるには何が必要なのでしょうか?

幸いなことに、介護士が給料を上げるためにできることがいくつかあります。

National Alliance for CaregivingやAARPなどの擁護団体は、新しい給与基準の設定や、介護者を賃金搾取から守るための規制を設けるよう働きかけています。

より良い政策や規制を求めるだけでなく、介護士は賃金を上げるための新たな機会を探すこともできます。

その1つの方法は、認定看護助手やホームヘルパーなどの資格を取得することで、賃金を上げることができるかもしれません。

また、介護士は、変化する医療情勢を常に把握し、賃金に影響を与える可能性のある法律や規制の変更に注意することが重要です。

賃金アップのための選択肢を検討する

介護士は、資格を取得するだけでなく、新たな業務や責任を担うことで、給与を上げることができる場合があります。

例えば、受診の際の送迎、食事の準備、付き添いなどの仕事を請け負う介護士も多くなっています。

また、介護者は、病院や老人ホームなど、別の環境でより高収入の仕事を探すこともできます。あるいは、雇用主を変えたり、独立した請負業者になることも検討することができます。

賃金を上げるための転職の影響評価

雇用主を変えることで賃金が上がる可能性がありますが、介護士はその影響を考慮することが重要です。

新しい職場に移るには、特別なトレーニングや、異なる手順やプロセスに対応する必要があるかもしれません。

また、慣れない環境への移動は、ストレスや混乱を引き起こし、介護者がこれまで築いてきた人間関係にも支障をきたす可能性があります。

かと言って転職しないと現状維持

しかし、転職しないことによってその職場の給料形態は大体決まっており頑張っても上限が見えてしまうことがあるでしょう。

年収450万~500万で残業の少ない介護施設か、年収300万でサービス残業が多い事業所なら確実に前者で勤めるのが正解です。

築いてきた人間関係もかけがえのないものですが、先立つものが無いと金銭的にいざという時に困ってしまいます。

介護職の給料を上げるには転職が手っ取り早い

結論としては、介護士の給料が上がるのか?気になっている方は恐らく現状の給料に満足がいってない可能性が高いので速やかに転職するのが正解だと思います。

介護福祉士やケアマネといった資格があれば現状転職もスムーズに進む可能性は高いので、若いうちに待遇の良い施設にいきましょう。

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職サイト
今回は介護士の方が転職で失敗しないための本当に役立つ転職方法の記事となっています。 私がおすすめする転職の秘訣は「介護転職エージェント」を利用する事です。 俗に言う「転職サイト」と世間で呼ばれているものです。 介護転職エー...

最後に

介護職の給料は残念ながら大幅な賃金アップは期待できません。

そんな中で高い給料を得るためには今の職場に見切りをつけて母体のしっかりした介護施設に身を置くことが成功への近道だと思います。